top of page

企画展「The Art of Tea」のお知らせ




6月1日(土)より、藝大アートプラザにて企画展「The Art of Tea」が開催されます。

前後期制となりますが、僕は前期日程の6月1日(土)〜6月30日(日)にて新作を含めた4点で参加します。

今回の企画展では異なる作家の作品同士を調和させた展示となり、お茶のしつらえのような空間となるようです。

どんな反応が起きるのか楽しみです。お近くにお越しの際はお立ち寄りいただければ幸いです。



::

公式サイトより


企画展「The Art of Tea」

会期:2024年6月1日(土)~8月4日(日)

前期:2024年6月1日(土)~6月30日(日)/ 後期:2024年7月6日(土)~8月4日(日)

※7月1日(月)~7月5日(金)は展示替えのため休業


営業時間:10:00-18:00※営業日時が変更になる場合がございます。

     最新情報は公式Webサイト・SNSをご確認ください


入場料:無料

会場:藝大アートプラザ(東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学美術学部構内)


東京藝術大学の前身である東京美術学校の校長を務めた岡倉天心はその著書『The Book of Tea』の第一章を“The Cup of Humanity”、「人間性の茶碗」としました。すなわち一服の茶を通して、西洋と東洋をはじめとするあらゆる対立軸、優位と劣位が人間性のもとに融解する、そんな理想を説いているように思えます。

茶室の中ですべてのしつらえ、人、自然が調和するように、平面と立体の作品は藝大アートプラザの一画でハーモニーを奏でるのでしょうか。また、日本文化にとって欠かせない存在であった茶の湯を支えてきた工芸。その技から生み出される「生の術」は私たちの生活にどんな彩りを与えてくれるのでしょう。

一服の茶のようにアートを楽しみたい、そしてアートを楽しみながら一服の茶を喫したい。“The Art of Tea” でアートを一服いかがですか。



出展予定作家

【前期】

石川 将士/大谷 陽一郎/片岡 操/クリスティーナ ヴェントゥロヴァー/作田 美智子/佐々木 誉斗/佐治 真理子/佐瀬 梓/城田 崚吾/長島 友治/野村 俊介/早野 樹/牧野 真耶/真鍋 由伽子


【後期】

奥山 鼓太郎/香久山 雨/北村 真梨子/薦田 梓/重野 克明/田村 正樹/布下 翔碁/福島 李子/森 一朗/山田 雄貴/ヤマモト ヒカル/山本 真衣/吉田 周平/渡邊 一翔


【通期】

奥澤 華/ウォーラー カミ/萩原 睦/樋口 唯/渡邊 浩幸



出品作品:「Dead vase」2024 / Bronze

Comments


bottom of page