top of page

「泉屋ビエンナーレ2023 Re-sonationひびきあう聲」参加のお知らせ



京都府京都市・泉屋博古館で開催される展示に参加いたします。

泉屋博古館は中国古代青銅器を中心した美術館ですが、本企画では参加作家が収蔵品からインスピレーションを受け制作した作品が並びます。鋳金作品に絞った展示自体珍しく、遥かから人類と密接な関係にある金属の魅力を体感できる展示となりそうです。


ワークショップなどのイベントも開催されますので、是非公式HPをご覧ください。

「泉屋ビエンナーレ2023 Re-sonationひびきあう聲」

● 会 期 2023年9月9日(土)~ 10月15日(日)

● 休館日 月曜日(9月18日、10月9日は開館)9月19日、10月10日

● 開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

● 会 場 泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)

● 主 催 公益財団法人泉屋博古館、住友グループ各社、京都新聞

● 入館料 一般800円 高大生600円、中学生以下無料

● 公式HP https://sen-oku.or.jp/kyoto/


○ 参加作家(敬称略・五十音順)

石川 将士/上田 剛/梶浦 聖子/久野 彩子/佐治 真理子/柴田 早穂/杉原 木三/平戸 香菜/三矢 直矢/本山 ひろ子


〈公式webサイトより〉

2021 年に開催された第 1 回から早や 2 年、泉屋博古館の新たな取り組みである「泉屋ビエンナーレ」は新たな鋳金作家をメンバーに加え、第 2 回を迎えることとなりました。約3000年前の中国古代青銅器からインスピレーションを受け、新進気鋭の鋳金作家 10 名が新作を制作、おなじ展示会場内に陳列することで、時空を超えた対話を体験いただける刺激的な空間を演出いたします。はるか古代から連綿とつづく鋳金の技術はどこからきて、そしてどこへと向かっていくのか。
ひびきあう聲と聲のなかから生まれる、鋳金芸術の最先端をお見逃しなく。



Comentários


bottom of page